運動会のテント選び5つのポイント - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会のテント選び5つのポイント

幼稚園や小学校で運動会が近づいてきていますね。
私の息子が通う幼稚園の運動会は10月なのですが、来年から通う小学校の運動会が6月にあります。

「旗とリ」に参加する予定なので、小学校の運動会も把握しておかなければなりません。


旗取りとは、全国で行われている、翌年入学予定や未就学児のための運動会上でのプログラムである。
「旗取り」という名称は福岡県のものであり、「旗取りしっぽとり」や、「旗取り競争」など、名称が異なるが内容は同じものが存在するようである。



いわゆる、「来年からこの学校に通うよ・・・」という人が来て、少しだけ参加するものです。
お試し参加・・・的なものです。

まぁ、それはよしとして・・・

運動会と言えば、最近はテントが必要になってきていますよね。
昔は考えられなかったのですが、今では当たり前になりました。


幼稚園の運動会でもテントは便利でした


我が家も幼稚園の運動会に合わせて、2年前くらい前にテントを買いました。
テントを買った時に色々と考えて買ったのですが、そのポイントを今日は御紹介しようと思います。

テントで一番考えなければならないのはサイズ


コレはもうわかりますよね。
何人家族か・・・おばあちゃんやおじいちゃんなどは来るのか・・・などを考えてテントの大きさを
決めなければなりません。

我が家は3人家族ですが、祖母や義弟が来てくれるので、少し大きめにしました。
我が家が選んだのは2.2m×2.2mの大きさにしました。

これで、大人4人+子供でちょうど良かったです。
余裕があるとは言えませんでしたが、無駄が無く良かったです。

テントのサイズが大きすぎると、周りに迷惑をかけますし、持ち運びが重くなります。
意外とサイズは重要です。


テントの折りたたみ方がワンタッチか否か


これって、当たり前のようで違う場合があります。

我が家のテントは袋から出して、広げるだけです。
友人が持っているテントは、袋から出して、骨組みを広げて、その上にカバーをかけなければなりません。

カバーをつけたまま収納できるタイプと、外さないと収納できないタイプがあるのです。
このひと手間が意外と大きい。

我が家でバーベキューをしたとき、二つのテントを建てたのですが、友人の物は面倒でした。


テントの価格


これも気になりますよね・・・

ブランドが入れば少し高くなりますが、気にされないなら少し安めで大丈夫だと思います。
基準は1万円以内・・・が良いですよね。


テントの色


色もある程度考えておいたほうが良いと思います。
我が家は目立つように「オレンジ」にしました。

多いのは「グリーン」「ブルー」が圧倒的に多いです。
一般的な色は長く使えそうな感じがしますしね・・・

オレンジだと、遠くから見てすぐにわかるので、コレが意外と便利!
汚れも案外目立たないので、オススメです。


テントのサイドシートがあれば更に便利


私が持っているテントにはサイドシートは付いていませんが、あのサイドシートが付いていると便利です。
テントを張った時、実際には日の光は斜めに入ってきます。
日の光が真上にあるときは良いのですが、朝や昼過ぎになると斜めから光が入ってくるので、テントの中にいても直射日光を浴びることになります。

このサイドシートがあるとその光をさえぎることができるので、日焼け予防になります。
ただ、基本的にこのサイドシートは別売りです。
わざわざ買うのも面倒・・・・というのが本音なので、私は持っていませんが、あるといいなと思います。

最近はサービスで付いているテントもあるので、そのあたりもチェックしておくと、私のような思いをしなくて良いと思います。


そして、テントを買うと、今度はテーブルや椅子が欲しくなります(笑)
私はアウトドア派ではないので、イベントの時にそれなりに使えるもので十分なのですが、
最近は安くても良いものが多いですね。

運動会も楽しみですが、こうやって物を考えるのも楽しいですね。







↓クリックで、他の方の素敵なブログが見れます☆
にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/955-f1b858bf

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。