わたし的B5ノートの活用術 - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたし的B5ノートの活用術

先日、キングジムのノートカバーの記事でB5ノートを使っていることを書きましたが、
それの補足として、B5ノートについて熱く語ろうと思います(→暑苦しい(笑))

B5ノートが仕事や勉強でガンガン使える!


ビジネスの本を色々見ていると、
「A4サイズのノートがよい」
「A3サイズの用紙を用意しましょう」と、基本的にA4サイズを起点としたものが多い気がします。

つい最近まで、わたしもA5ノート・A4ノート・A3ノートと色んなノートを使って、色々と悩んでいました。
そして、最近落ち着いたのが「B5ノート」

AじゃなくてB??

と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、このB5サイズが非常に使いやすいのです。

DSCF2067.jpg


A4サイズノートのメリットとデメリット


A4サイズノートの良い点は、「コピー用紙と同じサイズ」という点です。
ノートを書く上で、筆記面が非常に広く、見開きでA3サイズとして活用できます。

コピーした用紙をそのまま貼ったり、メモ貯めとして活用しやすいサイズでした。

しかし、持ち歩くには大きい・・・
そして、意外と机の上でジャマ。

結構場所を取るんですよね・・・膝の上で書くにも広すぎるし、開くと横の人に迷惑かけそうになるし・・・
広い場所で使うには便利なのですが、狭い日本で使うには不便(笑)

A4ノートの活用はあきらめました。


B5サイズにした経緯


学生の頃は基本的にB5サイズですよね。
幼稚園や学校で配られるサイズもBのサイズ(B4が多い)

日本で一番使われているサイズはB5だと思います。
そのため、価格も安く、品揃えも豊富。

B5サイズのノートを置いていない文具店は恐らく無いでしょう。
(A4サイズは探さないと無かったりする)

それでいて、実際に使ってみて「狭っ!」と感じることもありません。
つまり、B5サイズのノートで十分書くことができるという事です。

そして、持ち運びは薄くて軽いし、机の上でもジャマにならない。
膝の上でも余裕を持って書ける。

かなり使えるサイズです。



わたし流、B5ノートの使い方


少し前までキャンパスノートを愛用していましたが、ある一冊の本を読んでノートの使い方を変えました。

■□■頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?

この本には「黄金の3分割」という法則が書かれています。
(と言いながら、わたしは基本的に2分割(笑))
この本の通りにノートを使い出してから、頭の中がスッキリするようになりました。


今、使っているのはツバメノートのSECTIONというノート
全面が方眼で、紙の質が非常に良く、オススメのB5ノートです。
(完全に本の影響を受けまくっています)

わたしはこれを基本的に「見開き」で使っています。

DSCF2068.jpg


↓こちらはコーネルノート
DSCF2069.jpg


このSECTIONを使う前はコーネルノートを使っていましたが、コーネルノートよりSECTIONノートの方が紙の質が良く、このSECTIONを愛用することにしました。

さすが、ツバメノートです。

SECTIONノートにはもう一つ高級なノートがありますが、そちらはLIFEのノーブルノートのような紙です。
書き味は間違いなく良さそうですが、普段使いにはチョッと高級なノートになります。
(このSECTIONの方眼で十分すぎます)

ツバメ B5セクション(5mm)



あまりに気に入ったので、今度まとめ買いを考えているところ(笑)
↓↓↓アマゾンにあったので・・・(笑)
ツバメノート B5方眼ノート N3044 20冊パック



SECTIONノートはB5ノートの中では今のところ最高です。

仕事にも勉強にも使えるB5ノートですが、「A4用紙をノートに貼りたい・・・」と思うこともあるかもしれません。
その場合は、86%縮小で上手くいきます。


おかげで、日々ワクワクしながらノートを書いています(笑)



↓クリックで、他の方の素敵なブログが見れます☆
にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/933-d4002bac

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。