「池上彰の情報力」という本を読みました - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「池上彰の情報力」という本を読みました

池上彰の情報力という本の感想





池上彰さんの「池上彰の情報力」という本を読みました。
予想はしていましたが、やはりこの方は「まじめ」で「細かい」方です(笑)

若い頃からコツコツと情報を集め、体系的にまとめています。
私が池上彰さんを知ったのは「週間こどもニュース」です。
父親に勧められて、よく見ていました。

この時代のことをこの本は書かれていましたが、あの番組は「子供向け」というよりは「大人向け」だったのかもしれません。

普段あまりなじみのない事や何となく聞いたことがある・・
程度の内容を深く掘り下げて説明してくれます。

時代背景が分からない人でも「なるほどね」と言わせるものを持っています。


池上さんじゃなければあの番組は作れなかったのかも・・・
と思わせるほど裏では大変だったみたいです。


そして、情報力という本のタイトルですが、「池上彰の」という言葉を忘れてはいけません。
この本はいわゆる「池上さんのスタイル」をまとめたもの。
簡単にマネできるものではない事を知りました(笑)


池上さんは基本的にアナログ派。
本を出版されている方は大抵「アナログ派」な気がします。


インターネットの情報は裏づけが怪しく、信頼できない・・と誰もが言っています。
若い方には理解できない台詞でしょう。


きちんと考えるときはアナログ(本やノートなど)
考えないで「調べる」だけならインターネット

と私は考えています。


インターネットの情報は不思議とすぐに忘れてしまいます。
きっと見ているだけで考えていないのでしょうね。


どちらが良い悪いではなく、「どう使いこなすか」というのが課題ですね。


池上彰の情報力



↓クリックで、他の方の素敵なブログが見れます☆
にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/892-369cf935

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。