1本線ノート術という本を読みました - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1本線ノート術という本を読みました

1本線ノート術という本を読みました






吉澤ゆかさんという方の「1本線ノート術」という本です。
ノートの真ん中に1本の線を入れるだけで全てが上手くいく・・・という内容です。
まぁ、もちろんそんな上手い話はありませんが、この1本線ノート術は侮れません。


使い方を説明します。

ノートの真ん中に1本の線を書きます。

1、左側にはインプット(学んだこと、外からの情報など)を書きます。
2、右側には気づいたことやひらめいたこと、アクションプラン(何をする)を書きます。
3、アクションプランをいつやるか決めます。


例えば、テレビなどで「●●の店が美味しい」という情報があるとします。

左側に「●●の店」と書きます。
右側には「今度家族と一緒に行きたい」「夕食に迷ったら良さそう」などと書いておきます。

そして、最後に手帳に いつ行くのか という具体的な日にちを記載します。
日にちが決まらないときは「ネタのページ」に書いておけばいざというときに使えます。


単純な事ですが、実際にやってみると面白いのです。
考え方がスッキリとして、具体的な案が出てきやすくなります。

本のなかでも紹介されていましたが、脳は質問されると答えようとします。
空欄があったら埋めようとします。


自分自身に問いかけてみると、いろんな事が出てきます。
・このキーワードはこういう時に使えるな
・本を読んだけど生かせてないぞ、どうすればいい?
・この数字、いつも忘れるな・・・どうしたら思い出せる?

など。

本のなかには使い方の具体例も書かれており、たった1本の線のノートの使い方で1冊の本になるんだ・・・と
何だか感心してしまいました。


1月が始まりましたが、手帳を上手く使えない・・・という時に試してみると面白いですよ。
いろんなアイディアが生まれてきます。



アイデアがあふれ出す 行動が加速する 1本線ノート術

関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/875-6717e752

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。