我が家のご紹介 - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のご紹介

無事に家が建って、住むことができています。

今回の家は職場から1キロくらいの場所で、歩いて通勤ができる場所です。
まだまだ働かなければならないので、通勤時間の短縮により大きな時間削減ができます。

車を使うことがなくなるので、エコですしね。


さて、今回建てた家は注文住宅です。
私達がはじめに出した条件は

・キッチンが対面式(料理をしながら子供の様子が見れる)
・リビングに階段がある(子供が大きくなっても無理に顔を合わせる必要がある)
・シューズクロークがある
・書庫がある
・収納が豊富
・リビングに台があり、パソコンや勉強ができる
(子供が小さい時はリビングで勉強させる)
・夜勤で寝るための小さな部屋がある

ということでした。

すると、担当の方はすぐに図面を書いてくれました。


「注文住宅」と聞くとすごく高価なもののように感じますが、
今になって考えると、注文住宅はオーダースーツに似ています。
(当たり前)


その人(家庭)のサイズに合わせて作っていくので、無駄がなく無理がききます。

本を読まない家庭は書庫なんて必要ないでしょうし、
成長期のお子さんのいない家庭はリビングに階段なんて付けなくても良いのです。


キッチンも無駄の無い動きができますし、荷物も一定の場所に置くことができます。

例えば、パソコン関係は全てパソコン周囲に収納・・・とか。
わざわざ2階まで物を取りに行く必要がなくなるのです。

こういう細かい無駄がなくなると、家族で過ごす時間や一人で過ごせる時間が増えることになります。

注文住宅にすれば時間を大きく短縮できることに気づきます。
(もちろん、きちんと考えていないと駄目なのですが・・・)

妻がほとんどイメージして配置してくれたので、本当に助かりました。


ただ、全て自分たちで選ぶので大変でした。
ドア・サッシ・壁・床・クロス・キッチン用品・お風呂の種類・トイレの種類・・・など
外構もたくさんの商品から選ばなければなりませんでした。

今考えると「良く選べたな・・・」と思います。
最近は何もかも種類が豊富なので想像以上に時間がかかりますし、大変でした。


その分、「思い入れ」がありますが、夫婦の話し合いを十分にしておく必要があります。
(私は妻によく怒られていました・・・汗)


仕事も忙しく、まだまだ落ち着いているとは言えない状況ですが、少しずつ整理して行きたいと思っています。
ブログの更新もままならない状態で申し訳ありません。


それよりも、来年の手帳の準備がヤバイです・・・(汗)




↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆


関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

共感です

Keiさん、こんにちは。

リビングでの勉強とか、階段をリビングにという点、すごく共感できます。

うちも小さい机をリビングに置いていますし、マンションを探した時の条件は、リビングを通らないと自分の部屋に行けない、ということでした。実際、そういうマンションはほとんどなくて、実現はしなかったのですが・・・

とにかく、新しいお家、おめでとうございます!

2014-11-06 22:56 | from ラル

Re: 共感です

ラルさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。

リビングで色んなことができるというのは本当に便利です。
「導線を短くする」ということがこんなに大切なことなのかと、痛感しています。

まだ子供が小さいのでこの先どうなるかわかりませんが、今は家族が自然とリビングに集まる家なので、家族の会話も増えた気がします。

新しい家が少しずつ片付いているので、日々新しい発見があります☆

2014-11-07 21:59 | from Kei

こんばんは

keiさん、どうもです。
新居、おめでとうございます♪

落ち着かれましたら、是非とも
新居レポート(画像つき)をお願いします。
リビング見てみたいです(笑)

2014-11-08 00:24 | from

Re: こんばんは

海さん こんばんは

ありがとうございます。
日に日に新居に慣れてきているのですが、なかなか落ち着きません(笑)

新居の画像、ブログでご紹介する予定です。
楽しみにしておいてください☆

2014-11-11 23:09 | from Kei

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/867-a7a1b09a

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。