「スティーブ・ジョブズのプレゼン術」という本を読みました - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スティーブ・ジョブズのプレゼン術」という本を読みました

「スティーブ・ジョブズのプレゼン術」が予想以上に面白かった





正直申しまして、私はスティーブ・ジョブズについてあまり知りません。

全く興味がなく、亡くなったときに「あぁ、アップルの偉い人が亡くなったんだ」と思ったくらいで、
詳しい経歴などはホトンド知りません。

アップル好きの方からすれば「そんなバカな」と言われるかもしれませんね。


今回、「スティーブ・ジョブズのプレゼン術」という本を読むきっかけになったのは、

●ベストセラーと書かれていた

●スティーブジョブズのプレゼン術というのがどういうものか知りたかった


という2点のみです。
(単純すぎる)


ジョブズが「プレゼンでアッと言わせる」というウワサくらいは聞いたことがありましたが、
「どうせ、アップルの商品が素晴らしいからでしょ」とプレゼン術に関してはあまり期待していませんでした。


しかし、この本を読んで考え方が一気に変わりました。

計算されているプレゼン術に感動しましたし、プレゼンの運び方も勉強になりました。

この本を読んだ後、ユーチューブでジョブズのプレゼンを見ましたが、非常に面白かったです。
初めてジョブズのプレゼンを見ましたが、この本で理解を深めて見たので、見る視点が全く違いました。


大きな字
話すタイミング
ジョーク


自分も人前でプレゼンをする機会がありますが、今までの自分のプレゼンを反省しました。
字の多いスライドにならないように気をつけていたつもりですが、ジョブズのプレゼンには到底
及びませんでした。


文章が読みやすく、良い意味で期待を裏切ってくれる本でした。
ジョブズ風プレゼンにチャレンジしたくなる1冊です(笑)




図解 スティーブ・ジョブスのプレゼン術






関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/856-cc0832b5

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。