私の読書スタイル - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の読書スタイル

読書をするときは必ず「付箋紙」を使います。




この付箋紙を台紙ごと「しおり」として使用し、本を読みながら

「ここ、面白い!」
「使えそうだな」

など、心を動かされた場面にどんどん貼っていきます。



そして、本を読み終えた後、その付箋紙が貼られた部分のみ、もう一度読み直していきます。


初めて読んだときは「おっ!」と思い、付箋紙を貼っているはずですが、
2回目に読んだときは「なぜここに付箋をはったんだろう?」と感じるときもしばしば・・・


もちろん、「そうそう!良いこと書いているなぁ~」と再び感動することもあります。


「なぜここに付箋を・・・」と感じるという事は、もしかしたら本を読みながら
自分が成長したせいかもしれません(笑)



以前は良い言葉をノートに写したりしていましたが、最近はほとんどしなくなりました。
「時間が無い」というのもありますが、その時間があれば他の本を読んだほうが良い気がするのです。


これからも読書スタイルはどんどん変わっていくのでしょうが、この「細い半透明付箋紙」は手放せないアイテム。

そして、自分が読んだポイントは2回読むことになるので、本の内容が頭に残りやすいのです。

このスタイル、お勧めです☆


住友スリーエム(3M) ポスト・イット(R) ジョーブ 透明スリム見出し 44×6mm 混色 20枚×9パッド 680MSH


関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

なるほど

Keiさん、こんにちは。
私も、読書時には、同じ細さの付箋を使っています。
このサイズの付箋は成毛眞さんの本で読んでから使っているのですが、最初は細すぎて使いづらいかな、と思っていたのですが、邪魔にならず、今では手放せません。
私の場合、付箋の一まとまりを台紙から取り外して、本の裏につけているのですが、台紙ごとしおりにする、というのはアリかもしれませんね。

2014-03-07 12:44 | from ラル

Re: なるほど

ラルさん こんにちは

お久しぶりです。

読書時に付箋・・・最高ですよね!

私も初めは「細すぎるかな」と思ったのですが、付箋に書き込む事ってほとんど無くて・・(笑)

昔からある「紙」の付箋紙は本が厚くなりますので、やはりフィルムタイプが良いですね~


私も時々付箋の一まとまりを取り外して本の裏に付けたりしますが、そのまま無くしちゃいます(汗)
なので、雑誌は一まとまりで使って、普通の本は台紙ごと使っています。

2014-03-08 20:39 | from Kei

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/819-63102934

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。