子供の体調管理に注意したい3つのこと - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の体調管理に注意したい3つのこと

インフルエンザが流行ってきましたね・・・

influ_yobou.jpg


私は職業柄、インフルエンザに罹患する患者さんをよく見るのですが、子育てをしながら気をつけたいことをまとめておこうと思います。



急な発熱はインフルエンザなどウイルス性を疑う


「この症状、風邪かな」「インフルエンザかな」と迷うことがあると思います。
基本的に「ウイルス性」は突然発熱します。

徐々に悪くなるのではなく、突然悪寒が来て発熱します。
普通のウイルスに罹患すると、基本的に薬はありません。

熱を下げる「解熱剤」が処方されるのみです。


ただ、インフルエンザに関しては薬があります。
インフルエンザは喉の細胞で急激に拡大しますので、一刻も早く薬を飲むことが大事です。

特に10歳未満の子供は脳の発達が十分ではなく、高熱で「熱性ケイレン」というものを引き起こす可能性があります。

熱のせいで、全身の筋肉のコントロールを失うのです。


脳はブドウ糖と酸素が不十分だと死んでしまいます。

ケイレンが起こると全身の筋肉で酸素消費量が増え、脳の酸素供給量が減って、脳にダメージを与える可能性があります。


熱が38.5度以上あるなら、熱を下げるよう早めに対処したほうが良いです。




マスクは毎日交換しよう


最近は使い捨ての紙マスクが主流ですよね。
もったいないから・・・と言って、1日以上使っていませんか?

クチから出た最近がマスクに付いて、そこで繁殖します。
繁殖スピードは想像以上に早く、特に暖かい場所や湿度の高い場所では著明に増えてしまいます。


前日使ったマスクを放置し、翌日も使うという事は、繁殖した菌を自ら吸い込むことになり危険です。

マスクは必ず毎日交換しましょう。




ペットボトルの飲料も口を付けたらその日に飲んでしまうこと


ある実験がありました。

8時間たったペットボトルを調べると、麦茶とコーヒー牛乳から、一般細菌が検出された。さらに、24時間後に調べると、細菌が麦茶はおよそ50万個、コーヒー牛乳はおよそ1,600万個と、さらに急激な増加が見られた。


できれば3~4時間経過したものは飲まないほうが良いそうです。

特に、風邪をひいている時は、風邪の菌が繁殖してしまいます。
特に注意する必要がありますね。


子供が病気になった姿を見るのは辛いものです。
防げるものはできるだけ防いであげましょう!


↓空間ウイルス除去・・・「良い」というレビューが多く、先ほどポチりました(笑)
クレベリンゲル 60g



↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆

関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/802-b49e7420

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。