2014年の始まりとEDiTスープル - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年の始まりとEDiTスープル

新年あけましておめでとうございます


とうとう2014年が始まりましたね!

また一つ新年を迎えられたことに感謝して日々を過ごそうと思います。
今年もどうぞよろしくお願いします。


毎年の事ながら、年末年始は多忙で気が付けばもう5日・・・(汗)
月日の流れるのは本当に早いものです。


さて、2014年になりついにEDiTスープルを使い始めました。

過去記事(EDiTスープルという2014年の手帳)


DSCF0096.jpg



使い始めて感じたのは、「あれ?」という感覚です。


「手帳」のような「手帳じゃない」ような・・・


EDiTスープルの基本的な作りは
スケジュールを書くブロックカレンダーと1日1ページの記入欄。


簡単な予定やその日の出来事などを記入するものとしては最適だと思いますが、目標を細かく1週間スパンで考える・・・という事はできません。


要するに、1日で完了するような予定なら良いのですが、長いスパンで乗り切っていくタスクの管理には不向きだと気づきました(←遅っ!)



私は毎年フランクリンプランナーを愛用していますが、改めてフランクリンプランナーの素晴らしさに気づかされました。


EDiTは「今週はこれとこれをしよう」という風なプランが立てにくく、タスクもまとめて記載できる場所がありません。


「手帳」というよりは「メモ帳」や「日記」として使うのが合っているかも・・・
ふと数年前に使った「ほぼ日手帳」が頭をよぎりました。



年間プランや月間予定は書くことが出来ますが、1週間単位でタスクを区切るには工夫が必要なようです。
(つまり「別冊」を準備するなどの工夫が必要)


私はRHODIAの代わり(持ち歩きのメモ帳)として使う予定で、その役割は果たしてくれそうですが、タスク管理をするには危険な手帳です。

でも、商品自体は良くできています。
薄くても裏写りしにくい上質な紙、表紙の質感など、常にそばに置いておきたい存在になりつつあります。

私はスマホサイズを買いましたが、このサイズだとどこにでも連れ出せるのは良いですね!
RHODIA No.11より少し大きめですが、想像していた以上に使いやすいので気に入っています。

「1日1ページ」という使い方ではなく、日にちを無視してメモしています。



私が使っているフランクリン・プランナーはこちら←おすすめです☆



↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆

関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

ご無沙汰しております。churaです。
私は昨年1年間、このEDiT Lightを日記として使いました。書かれている通り、手帳としては使いにくいですが、日記として使用するにはもってこいの手帳でした。
割り切って用途で数冊を使い分けるのも楽しいですよね。

2014-01-07 18:04 | from Chita

churaさん お久しぶりです。

EDiT御使用になられましたか。
私も「日記」としてはもってこいだと思います。

今、主に「メモ帳」として持ち歩いていますが、RHODIAと違って切り取ったりしなくて良いので、古いメモも見直すことができ「意外と便利だな」と感じています。

サイズが小さく、裏写りも少ないので使ってみるとその「良さ」を感じています。

タスク管理には向きませんが、これはこれで良いな・・・と感じています。

2014-01-08 14:13 | from Kei

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/790-58928079

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。