FUJIFILM XF1レビュー - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FUJIFILM XF1レビュー

XF1を買って4ヶ月が経ちました



コンパクトデジカメ

気がつけばFUJIFILM XF1を買って4ヶ月。
今では一眼レフよりも出番が多いかもしれません。


購入する前は
「他のカメラと違って扱いが面倒」
「値段が高い」
「フジの画像は良いのか」
「最近のデジカメにしてはズームが小さいんじゃないの」

など、不安要素はたくさんありました。


しかし、実際に使ってみて感じるのは
「壊れてもまたXF-1を買うだろうな」と思います。


暗い場所でも安定して写す事のできるF1.8の明るいレンズをはじめ、デザイン・質感・大きさがベストです。

「EXRモード」が吐き出す画像は私の好みのコッテリした色で、安っぽさがありません。
私はほとんどこの「EXRモード」で撮影をしています。

コンパクトデジカメ


ただ、電源を入れると時々動きがおかしくなる事があります(汗)
原因はわかりませんが、反応しなくなる状態が2回ほどありました。
電池を一度抜いて入れ直せば復活しましたが・・・


そんな欠点もありますが、XF1はそれを凌駕する愛着を感じさせてくれます。


もちろん万能ではありません。
弱点は「ズーム」です。

運動会など遠方の被写体を撮影する時には厳しいものがあります。

ただ、「室内での撮影が多い方」「料理や小物などマクロモードで撮影する方」「フラッシュをあまり使いたくない方」にはXF1はベストな選択だと思います。


レンズが明るくISOもある程度まで上がりますので、子供やペットなど動きのある被写体でも楽に撮影ができます。

前述の「EXRモード」にしておけば被写体との距離を自動で測定し、マクロモードに勝手に切り替わります。


今までのカメラは近くの物を撮影するときは「マクロモード」に変え、遠くの物を撮るときは普通のモードに変えていましたが、XF1はその手間がいりません。
実際に撮影する際にこの手間は大きいのです。


なので、カメラを出して、レンズをくるっと出して、サット撮影というシンプルな手順で非常に良い写真が撮れます。


XF1を使って、一番驚いたのは水族館での撮影です。
水族館は光の変化の大きい場所です。
明るい場所もあれば、暗い場所もあります。

そんな水族館で、「EXRモード」から変える事なくすべて撮影できました。
しかも一緒に持って行っていた一眼レフ(Kiss X3にシグマ30mm F1.4)よりも暗い場所に強かったのには驚きました。


XF1を使うと「コンデジがここまで進化したのか!?」と驚き、レトロなデザインとレンズやズームを手動で行うという造りに愛着が沸きます。

褒めてばかりですが、久々に「ベタ褒め」したくなるカメラです。



FUJIFILM デジタルカメラ XF1 光学4倍 ブラウン F FX-XF1BW



ステーショナリーランキング参加中
↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆

関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

こんにちは、「XF-1」ですが魅力的なモデルです・・・。後継機の「XQ-1」が普通のデジカメになっちゃったので、貴重な”ギミック”のモデルとして歴史に残ると思います・・・。

電源を入れると時々動きがおかしくなる・・・という事ですが、「フジ」は「富士フイルムサービスステーション」が全国”3箇所”あって、「福岡」にもある様なので、一度相談してみた方が良いと思います。※「富士フイルム修理サービスセンター」自体は宮城県栗原市にある様です。
http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/repairservice/servicestation/index.html

2013-11-05 20:09 | from lomo | Edit

Re: タイトルなし

lomoさん こんにちは

XF1は使えば使うほど愛着の沸く不思議はカメラです。

新しいモデルが出ていることは知りませんでした・・・
(さすがlomoさん・・・)

しかし、本当に新機種は「普通の」カメラになってしまいましたね。
残念です。

サービスセンターの件もありがとうございます。
あまりに不調が続くようなら持って行ってみます。

2013-11-06 10:18 | from Kei

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/774-e95c543e

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。