幼稚園の誕生会に行ってきました - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園の誕生会に行ってきました

幼稚園の誕生日会に行ってきました



少し前の話になりますが、今月6月18日は私の息子の4歳の誕生日でした。

通っている幼稚園では毎月「誕生会」というイベントがあり、その月の誕生日の子供たちをみんなでお祝いします。

幼稚園で初めて祝ってもらう誕生会という事もあり、息子は前日から張り切っていました。


親も見学可能ということでしたので、私たち夫婦もカメラとビデオを片手に参加しました。


まず、その月の主人公たち(6月生まれの子供たち)が呼ばれ、ステージに出てみんなの前に座ります。

R0018105.jpg


それから順に「名前」と「誕生日」を歌に合わせて一人ずつ言っていきます。


曲が流れて、みんなが「お名前はなあに?」と聞くと、
「○○ △△です」と言います。

そして、「いつ生まれたの?」と聞くと、
「6月○日です」と言っていきます。


年少から年長(3歳から6歳)の子供たちなので、上手く言える子もいれば言えない子もいて何だか微笑ましい風景でした。


自分の息子の番になると私まで緊張してしまいましたが、「○○ △△です」「6月の18日です」とハッキリと言えたので感動しました。


今まで人見知りがひどくて、挨拶も上手くできなかった息子が150人もの人前で喋れたのは驚きでした。



その後、「大きくなったら何になりたい?」と順に聞かれていくのですが、他の子が「サッカー選手」「プリキュア」などと答えていく中、息子は「お父さんみたいになりたい」と言ってくれました。


これにも感動して、目頭が熱くなりました。
親としてこんなに嬉しいことはありません。



幼稚園に行きだして少しずつ息子との時間が減っていて何だか少し後ろめたい気持ちになっていましたが、息子はそれなりに私を見てくれているみたいです。

私のいない時間は妻がシッカリと教えてくれているのでしょう。



私には強く当たってくる息子ですが、そうやって甘えているのだと改めて考えさせられました。




幼稚園では珍しく(というか、初めて見た光景でした)一人の男の子が落ち着いて話を聞けず、先生の膝に座って(というか、先生に捕まえられて)話を聞いている子がいました。


150人もいれば、そういう子も珍しくないのでしょうが、その子が先生の顔を叩いてしまいました。

見ていて「はっ」としましたが、先生はその子の手をつかんで、
「この手は人を叩くためにあるんじゃない、ご飯を食べたり人を助けたりするためにあるのよ!」と叱っていました。


ベテランの先生らしい切り返しに「さすがだなぁ」と感心しました。
きっとこの子もこの素晴らしい先生たちの影響を受けて立派な大人になるのだと感じました。



誕生会はたった1時間くらいの時間でしたが、色んな事が勉強になり、参加できて良かったです。


息子の成長を感じ、自分自身が息子の道しるべになるように生きないといけないと感じた一日でした。


ステーショナリーランキング参加中
↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆

関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

こんばんは

keiさん、どうもです。
いい一日を過ごされましたね~♪
「お父さんみたいになりたい」の言葉は
他人の私も泣けますな~(しみじみ)
子供が成長するにつれ、一緒に過ごす時間が
どんどん少なくなってきますが、そういう限られた
時間を大切にしていきたいですね。

2013-06-21 01:26 | from

海さん こんにちは

コメントありがとうございます。
本当に勉強になった一日でした。

「お父さんみたいになりたい」と言われるとお父さんとしては「もっとシッカリしないと!」と思います。

少し目を覚まされた気がしました。


海さんも同じかもしれませんが、幼稚園に行きだして、本当に時間が減りました。
まぁその分、同じ休みの日は一日監視されています(笑)
時間は限られていますから、今の時間は大切にしていきたいですね。

2013-06-23 15:13 | from Kei

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/740-5550937e

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。