エキスパートナース5月号 - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキスパートナース5月号

エキスパートナース5月号



エキスパートナース5月号


今月(5月号)は急変・異常についての特集でした。

病院にいる以上、患者さんの「急変」というのは避けて通れないのですが、患者さんが急変する前に気づくべきサインというのがあります。



例えば、患者さんが「胸が痛い」と言ったときに何を考えるか?

心臓なら心筋梗塞が有名です。
肺の問題なら気胸かもしれません。
時々「肋骨骨折」という患者さんもいます。


異常のサインを見逃すと必ずその後には「急変」が待っていると思った方が良いです。


心筋梗塞なら心臓が止まるかもしれません。
気胸なら呼吸ができなくなってしまいます。
肋骨骨折なら骨折による出血でショックになる可能性があります。


このような「サイン」を見逃さないようにするのが看護師の仕事の一つなのですが、経験がないとなかなか分かりません。
私も今までたくさんの「見落とし」をしてきました。


今月のエキスパートナース5月号を読んでいると過去のトラウマが蘇ってきます(汗)


「あの時は大変だったな」と思う反面「このような気持ちはもう味わいたくない」と思うわけです。

なので、看護師のみなさんは是非今月のエキスパートナース5月号をシッカリと読んでおいてほしいと思いました。


特に最近よく言われている P63 出血性ショックの重症度 は知っておくべき内容だと思います。
何らかの出血があったとき、血圧の低下はすぐに見られません。
もし、血圧低下があればかなり急を要するということです。


普段なかなか目にしない「急変」だからこそ、こういう雑誌の特集などでイメージトレーニングをやっておく必要があると感じました。


ちなみに・・・

P133にまた記事を書かせて頂きました(←アピール)(笑)

エキスパートナース5月号
切れ味抜群のはさみです。
ベッドサイドで7年くらい使っていますが、全く切れ味が落ちません。
ちょっと値段が高めですが、絶対オススメの一品ですね!

ナースバサミ 【ナーサス ノーマル ブルー】



ステーショナリーランキング参加中
↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆

関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/729-b91b3bd3

エキスパートナース6月号

エキスパートナース6月号の特集は「ここが危ない」 頂いて紹介が遅くなってしまいましたが、エキスパートナースの6月号です。 (そろそろ7月号が発売されます(汗)) 毎月...

2013-06-11 13:27 | from 手帳と私の生活ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。