USBのウイルス感染 - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USBのウイルス感染

USBメモリがウイルス感染


c9956bb5.jpg
私の勤めている病院でUSBフラッシュメモリのウイルス感染が流行しました。

病院は「ノートンアンチウイルス」という王手のウイルス対策ソフトを導入し、常時パソコンを管理していますが今回は新たなウイルスに感染し広がってしまったようです。


症状としては、USBフラッシュメモリの第1層(開いて一番初めにあるデータ)のフォルダが「隠しフォルダ」に変換され、見た目にデータが消えてしまったように見えます。

隠しフォルダも表示させるようにすればデータが見えて開けるのですが、そのままではファイルが見えなくなってしまいます。


と・・・別にウイルス感染するのは別に良いのですが・・・


この事件を機に病院内では「USBフラッシュメモリ使用禁止令」が出されました。
基本的にデータはフラッシュメモリで持ち歩いていたのでかなり不便になりました。


私のフラッシュメモリも感染していましたが、データだけ引き出してフォーマットの後に入れ直しました。


私の自宅のPCは「キングソフト」のフリーのアンチウイルスを導入していますが、このソフトは一発でこのウイルスを確保。
ノートンで見つけられなかったものをフリーのアンチウイルスソフトが簡単に削除してしまいました。


高いお金をかけてウイルス対策をしても、感染するときには感染するんだな・・・と・・・



使用する人が常にウイルス感染のリスクを考えて自分でバックアップを取るなどの対策する事が「リスクマネジメント」なんだと思ったものです。


⇒最近のUSBメモリは安すぎます!




ステーショナリーランキング参加中
↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆

関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/710-65a0491c

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。