エキスパートナース3月号 - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキスパートナース3月号

エキスパートナース3月号はDVTについて



エキスパートナース3月号


毎月送っていただいているエキスパートナースも気がつけば3月号(はやっ!)
今月はDVT(深部静脈血栓症)の特集です。

DVTは今流行の一つです。
長い間、臥床しているとふくらはぎの静脈に「血栓」という血の固まりができてしまいます。
それがふとした拍子に血流に乗って、肺動脈で詰まってしまう病態を言います。


3月号はDVTの症状から治療方法まで一連の流れがまとめられています。
ただし、凝固系など基本的な知識がないと少し難しく感じるかもしれません。


最近、専門誌を見るときは必ず執筆者を見る癖がついています。
今回はほとんどが医師でした。

医師の好きそうな表現やデータ(グラフ)が細かく記載されており、それが逆に難しくしている気がしました。


看護師はこの表現を苦手と感じる人が多いだろうな・・・と思いました。


これは私の勝手な分析なのですが、女性が多い職種だからでしょうか?「データ」よりも「感覚」を好む気がします。


職場で勉強会などをやると反応でわかるのですが、細かいデータのグラフなどを載せるよりも、単純に絵で「これが多いよ」「ここは少ないよ」と表示した方がウケが良いのです。


男性脳と女性脳の違いかもしれませんが、「女性の感性」というものを感じますね。

男が「絶対にこうだ!」と思い込んでいる時よりも、女性が「こんな気がする」と思っている時の方が当たっていると言われます。


たぶん女性は男性の見落としている部分をよく観察していて、そこから複雑に分析するんでしょうね。

「着ている服」や「あの人とあの人が付き合っている」などの雰囲気を読むのは鋭いものがあります。


少し方向性がずれてきましたが、エキスパートナース3月号にはDVTの治療の流れがわかるフロー図が書かれており、経験の無い人でもイメージしやすくなっています。


ちょっと難しく感じるかもしれませんが、凝固系の復習も兼ねて勉強できる良い機会になると思います。


Expert Nurse (エキスパートナース) 2013年 03月号 [雑誌]





ステーショナリーランキング参加中
↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆

関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/707-75e11f75

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。