エキスパートナース1月号 - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキスパートナース1月号

エキスパートナース2013年1月号



エキスパートナース2013年1月号を送って頂きました。

エキスパートナース2013年1月号
Expert Nurse (エキスパートナース) 2013年 01月号 [雑誌]


まず、ページを開いて付属されているのは「特別付録:お役立ち看護カード」です。
水に濡れても大丈夫な素材でできており、忘れてしまいがちな意識レベルの表と呼吸・輸液滴下量の早見表が載っています。

さすがエキスパートナース・・・看護師の弱みを知ってらっしゃる(笑)


個人的には看護カードは活用しない派なのですがベッドサイドのお守りとして持っている学生や新人をよく見ます。

カードを持っている新人や学生に言えるのは「持っている」という安心感から活用できていない事が多いという事です。

看護師は忙しすぎてベッドサイドで見る時間なんてほとんどありません。
学生は持っていても調べる時は結局本で調べています。

看護カードの弱点は検索の弱さ。
「●●ってなに?」と言われた時にカードで探していると時間がかかって仕方ありません。


商品としては上手くまとまっているのですが、結局あまり活用できずに持たなくなっているのが現状ですね。
「良い商品が現場で使えるとは限らない」という事を実感できる代表作だと思います。

こういう物を一度持ってみて、看護師も「あぁ、これだけじゃダメなんだ」と学んで行くんです。
私もこれで何度も失敗している一人です(笑)


さて、冒頭の話で長くなりましたが、1月号のエキスパートナースは「検査値」の特集が組まれていて、勉強になります。

検査は看護師にとっては苦手分野の一つです。
画像・薬液・検査は理解するまで時間がかかるものです・・・


後半になるにつれて字が多くなり、ちょっと読みにくくなるのですが、良いことがたくさん書かれています。


個人的には「脱水」「血液ガス」「感染」くらいで十分だったのではないかと・・・敗血症や肺炎も「感染」でまとめられますし・・・むしろ免疫系をわかりやすく書いた方が・・・ブツブツ・・・



頂いたくせに文句ばかり言っていますが、全体的には本当によくまとめられています。


脱水の検査値、血液ガス(AGの事など)、敗血症(というか、内容は感染症)、炎症マーカーの変動(WBCやCRPの動き)、栄養(Alb以外にもTTRなども)透析患者さんの血糖値など・・・盛りだくさんです!

子供の予防接種のセミナーのページも面白かったです。


新人さんにはちょっと難しいかもしれませんが、ポイントだけでも引っ張りだして置くと何かの際に使えそうです。


この内容の本がこの値段で出せるとは・・・照林社(小学館)の力を感じますね。

学研からも「月間ナーシング」という雑誌が同じくらいの値段で出ており、最近はこちらもなかなか良い内容でまとめられています。

ただ、特集はマニアックな内容が多く難しいのが欠点。
著者に医師が多いのでそういう傾向にあるようです。

一消費者としては迷う所ですが、個人的にはエキスパートナースの方が好きですね。
「頂いたから」という訳ではなく、この雑誌からはわかりやすく伝えようとする努力が伝わってくるのですよ。

わかりやすさを追求してこれからも頑張って欲しい雑誌です。


1月号は看護師の方は手元に置いておくべき1冊になっています☆
・・というか、このブログは看護師さんは読んでないと思いますが・・・(汗)


Expert Nurse (エキスパートナース) 2013年 01月号 [雑誌]




ステーショナリーランキング参加中
↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆

関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/689-f1806b3a

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。