Think Pad X200のHDD(ハードディスク)をSSDに交換 - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Think Pad X200のHDD(ハードディスク)をSSDに交換

X200をSSD化する



無事に届いたX200ですが、中古なのでHDDの寿命なども不明だったのでSSDに交換することにしました。


SSDへ交換する手順としては

①SSD本体の準備

②クローンソフトの準備

③USBでPCとSSDとつなげる物



の予定でしたが、クローンソフトが上手く扱えず、
Think Pad X200のSSD交換は結局リカバリディスクを作ってSSDに初めからインストールすることにしました。


素人の私にはクローンは不可能でした(汗)


なので、私の必要になったものは・・・

①外付けドライブと保存用DVD(3枚)

②SSD本体


という事になりました。



SSDはインテルのものを買いました。
↓これ
Intel SSD 330 Series Maple Crest 120GB MLC 2.5inch 9.5mm Reseller Box SSDSC2CT120A3K5



HDDの場所は本体の右側にあります。

HDDを示すアイコンが描かれており、ネジを外すだけでアクセスできます。

X200をSSDへ

X200をSSDへg

IMG_2642.jpg

IMG_2643.jpg

IMG_2645.jpg

ネット上にもHDDの外し方はたくさん紹介されていました。

Thinkpadの保守マニュアルにも丁寧に書かれていました。
ネット上に色々と情報があるので便利な世の中になりました。

簡単にHDDにアクセスできるところを見ると「さすがThink Padだなぁ~」と感心します。



先にHDDの外し方を説明してしまいましたが・・・


Think pad X200のHDDからSSDへの交換の操作は意外に簡単でした。

まず、外付けドライブは BUFFALO ポータブルDVDドライブ DVSM-PC58U2V-BKというものを買ってUSBでつなぎました。


認識されたら、「コンピューター」→「Lenobo(Q)」をダブルクリック

すると、「リカバリーメディアの作成」というボタンが出てきますのでクリック


指示通りに進めて行けばDVD3枚でリカバリディスクができます。



その後、パソコンの電源をOFFにしてバッテリーを外します。



HDDをSSDに交換して再装着。

X200をSSDへ

X200をSSDへ

IMG_2651.jpg



外付けドライブを接続したままPCの電源を入れます。
BOOTが勝手にドライブになりましたが、ならない場合はF12を押しながら起動するとBIOSに入れます。


リカバリメディア(作成したDVD)を入れて待ちます。

指示が出ますので、DVDを入れ替えていきます。




Think Pad X200をSSDに交換するのが思ったよりスムーズに進んだので良かったです。

結果は・・・



ものすごく早いです!

色んなパソコンを扱ってきましたが、今までで一番早い気がします。
早すぎて驚きます。

皆さんが「SSDは早い」と仰るのが良くわかりました。


こんなに簡単にできるならもっと早く交換しておけば良かった。

SSDは寿命が・・・なんて言われていますが、最近のものは9年くらい持つらしいです。

もしかしてHDDより持つのでは・・・?


SSDに変えると衝撃に強く、熱もほとんど発せず、パソコンが「超」早くなります。
電源ボタンを入れてイライラしながら待つ時間がなくなりました。



起動に時間がかからず、発熱もせず、消費電力も低いなんて・・・夢のようです。


↓今回使ったSSD
Intel SSD 330 Series Maple Crest 120GB MLC 2.5inch 9.5mm Reseller Box SSDSC2CT120A3K5

↓今回使った外付けDVD
BUFFALO Boostケーブル搭載 ポータブルDVDドライブ ブラック DVSM-PC58U2V-BK

↓今回買ったメモリ
Transcend JetRam ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 2GB 永久保証 JM1066KSU-2G


↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆


関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/674-b7c1b683

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。