RHODIAとPETIT1を新調 - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RHODIAとPETIT1を新調

RHODIAとPETIT1を新しく交換



使用していたRHODIAが無くなり、次のRHODIAへ引き継ぐ事になりました。
2012/7/17~約2ヶ月で無くなった事になります。

RHODIAとPETIT1

そして、ちょうどPETIT12もインクが無くなったので、ペンはPETIT1に交換しました。

PETIT1はペン先が万年筆タイプです。
インクカートリッジを挿して使用開始。

RHODIAとPETIT1

RHODIAとPETIT1

RHODIAとPETIT1

210円という安い万年筆ですが、書き味が意外と良くてビックリしました。
これならはじめからPETIT1にしておけば良かった・・・


3歳の息子にも書かせてみました。
この頃の子供はまだ筆圧が弱いので、意外にこの万年筆が良い感じです。
もう少ししたら今度は筆圧が強すぎて万年筆では手に負えなくなるのでしょうが・・・(笑)

コンパクトに持ち運べて、気軽に書ける・・というのは便利です。

太さはLAMYのFより少しだけ細い感じですが、カリカリした感じはなく、インクフローは良好です。
ただ、モレスキンやフランクリンとの相性はいまいちでした。

RHODIAとPETIT1

RHODIAとPETIT1


モレスキンでは裏写りします。

キャンパスノートでかろうじて裏写りしない・・・程度です。

RHODIAは全く裏写りはありません。
PETIT1はRHODIAとのコンビが良さそうです。


↓もう定番のRHODIA No.11
ブロック No.11【方眼】 cf11200

PETIT1公式サイト

ステーショナリーランキング参加中
↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆

関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/629-f95c2a92

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。