LAMYサファリ1周年~万年筆の学び - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LAMYサファリ1周年~万年筆の学び

昨年の誕生日にLAMYサファリ(万年筆)を妻からもらって1年が経ちました。

LAMYサファリを買って、ずいぶんと時間が経った気がしますがまだ一年なんですね・・・


LAMYサファリは使えば使うほど愛着が増しています。

LAMYサファリ

私はまだ万年筆初心者ですが、私がこの1年で学んだ万年筆情報をここにまとめてみたいと思います。


万年筆を使う前は正直怖かったです。
ボールペンに比べると格段に高い値段ですし、「私に使いきれるのか?」という恐れがありました。

「強く書いたら壊れる」というイメージが強かったのです。

「使い方もわからなかった」というのが正直なところです。



万年筆は軽く紙の上を滑らせるだけで字が書けます。

ボールペンは先端に付いた鉄のボールがくるくる回って字が書けますが、万年筆はインクが流れていく感じです。

なので、強い筆圧は必要ありません。



万年筆の字の太さはEF・F・M・B・BBとあるようです。

EFが一番細いです。



恥ずかしながらペンの太さはLAMYを手にしてから知りました。
私はLAMYサファリのペン先Fを使っています。


LAMYのFはさすがに手帳に書くのは厳しく、「少し太いかな・・・」と感じる時がありますが、ノートに筆記するときはなめらかに書けますのでこの太さを意外と気に入っているみたいです。


日本のメーカーに比べ、海外メーカーの方が少し太めみたいです。
(これは私は未経験ですが、ネット上ではよく書かれています)


万年筆のインクの補充ですが、「カートリッジ」と「コンバーターによるインクの吸引」があります。


カートリッジは手軽で、買ってきたインクを差し込むだけ。

吸引はコンバーターに瓶からインクを吸いだして補充します。

吸引の方が安いといわれていますが、私にはあまり変わらないような気がします。


私はずっとカートリッジを使っています。


次に万年筆を買ったら吸引タイプを楽しみたいと思います(購入はまだ未定です)



インク交換する時は洗浄すると良いみたいです。
(インクの目詰まりを防ぐため)

洗浄方法は色々あるみたいですが、私は普通に水道水で洗って、しばらくビンにつけておきます。

過去の記事はこちら


ペン先が鉄製なので、熱いお湯はダメみたいです。(変形の恐れ)

水またはぬるま湯くらいが良さそうです。


洗浄方法についてはネットで調べると色んな方が書かれているので参考にされるとよいと思います。


万年筆は紙質によっては裏写りする事もあり、相性があるみたいですが、私が使っているLAMYサファリとMOLESKINEは相性がよく裏写りがありませんので、気に入って使っています。


何はともあれ、ほぼ毎日活躍してくれたLAMYサファリに感謝し、これからもガンガン使っていきたいと思います。

新しい万年筆も欲しいのですが、LAMYサファリを使わなくなりそうで怖いです(笑)


↓初めて使うならLAMYサファリはお勧めです!
LAMY 万年筆サファリL17 ブラック EF(極細)



↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆

関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

SAFARI

こんにちは、”1周年”おめでとうございますw・・・。

インク(カートリッジ)は”ブルー”に戻されたのですね・・・。

私は”EF”を使っていますが、もう少し細かったらと思っていますw・・・。

2012-04-09 19:57 | from lomo | Edit

No title

lomoさん

ありがとうございます。

LAMYサファリのEFでもまだ太く感じますか・・・
やっぱり海外製は太いんですね・・・

2012-04-10 14:21 | from Kei

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/505-e344a44f

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。