Transcend USBメモリ 600シリーズ 16GBを買いました - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Transcend USBメモリ 600シリーズ 16GBを買いました

今使っているUSBフラッシュメモリが2年くらい経ったので買い直しました。

IMG_1336.jpg

IMG_1337.jpg


あまり詳しくないのですが、USBフラッシュメモリは一応寿命があるようで、2~3年に1回入れ替えをしないとデータが破損する可能性があるそうです。

ほとんど毎日のようにつかう物なので、データが破損してもらっては困ります・・・

今回買ったのはTranscend TS16GJF600という物です。
Transcend TS16GJF600は書き込み・読み込みともに非常にスピードが早いと色んなところに書いてあったので選びました。

毎日使うものなのでこのちょっとしたスピードが非常に大きな時間になってしまいます。

今使っている物も当時は確か早い・・・と言われていましたが、Transcend TS16GJF600はその3~4倍くらい早いみたいです。

あくまでも数字の問題なので、体感的にはどう感じるかはわかりませんが、こういうウンチクは使う上で嬉しいものです(笑)


しかも最近は本当に安くなりました。
今使っている物は8GBですが、Transcend TS16GJF600は16GB。
しかも値段はTranscend TS16GJF600の方が600円くらい安いのです。


私が結婚した頃(約8年くらい前)は1G1万円の時代でした。
512MBのメモリを6000円くらいで買った覚えがあります。


そう考えると本当にすごい進歩ですね・・・

Transcend TS16GJF600は薄く、後ろには一応ストラップを付けられるような穴があります。
キャップは後ろに付けられる構造ではありませんので、なくさないように注意が必要です。

IMG_1338.jpg

IMG_1339.jpg


Transcend TS16GJF600のデザインはスタイリッシュで好みですね。

何はともあれ、新しい物はなんだかワクワクさせてくれます☆



Transcend USBメモリ 600シリーズ 16GB



↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆




関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

あー、そういえば

オイラもそろそろ、USBメモリの買い替え時だと思っていたんですよー。
とりあえずトラブルもエラーもないので、そのままにしてましたが。
(^^;

16はいらないので、2~4と8くらいのを一本ずつ買おうかと思います。
安いのは通勤途中にあるカメラ屋さんかしらん?
大型店じゃなくて、本当に地下街に数坪の店舗で営業してるカメラ屋さんです。
DPEとかばかりじゃなく、たまには物品も買って売上に貢献してあげようっと♪


2011-12-13 16:18 | from おなら出ちゃっ太

こんばんは

keiさん、どうもです。

フラッシュメモリーは週に1度だけ、仕事を自宅に
持ち帰るのに使ってますが、最近1回で認識してくれなくて
何度か差し込んで、ようやく使える状態です。
「寿命」があるなんて知りませんでした・・・(大汗)
それにしても、16Gでも随分と安くなったのですな~。
私が使ってるのは256MB(笑)なんですが、
1000円ぐらいで買った記憶が・・・(大汗)

2011-12-14 02:44 | from

No title

出ちゃったさん こんにちは

USBメモリってつい後回しになってしまいますよね・・
16GBを思い切って買いましたが、大きすぎて・・・(笑)

8GBくらいでも十分すぎますね・・・
最近は安くなったので本当にありがたいです★

2011-12-14 12:02 | from Kei

No title

海さん

そうなんですよ、あるんです・・寿命・・・

私も知らなかったのですが、あるPC雑誌を読んで知りました。
「高速タイプ」の方が部品が良いものを使っているので、寿命が長いとも書いてありました。

それ以来、2~3年に一度買いなおす事にしています。

16GBもあれば動画なんて入れられますが・・・入れても観る暇ないですね(汗)

結局無駄・・・という事です(笑)

2011-12-14 12:04 | from Kei

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/461-aa1e08cf

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。