辛い出来事 - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛い出来事

たまには私の仕事のことを少し・・・
私はある病院のICUで看護師として働いています。

最近小さい子供の入院が続いています。
ここ1ヶ月で4名入院がありました。

1歳7ヶ月で義理の父親からのDV→意識が戻らず→亡くなりました
10ヶ月 熱性痙攣→亡くなりました
1歳7ヶ月 溺水→意識が戻らず
6歳 熱中症→意識がもどりました
6歳 自転車の事故で頭蓋骨と鎖骨の骨折→意識がもどりました


自分の子供と同じくらいの子供がDVや溺水で入院してくると
心が締め付けられる思いがします。

痛かっただろう・・・
きつかっただろう・・・
苦しかっただろう・・・
寂しかっただろう・・・

想像すればするほど気分が落ち込みます。
仕事中に涙が出る事もあります。


3例目に書いている溺水の子供に関しては、おばあちゃんが預かって見ていた事例でした。
10分くらい目を離した隙にいなくなり、お風呂のほうから叫び声が聞こえたので
行ってみると溺れていたそうです。

1歳7ヶ月の子供です。

救急隊が到着した時にはリビングで寝かされていた状態でCPA(心肺停止状態)でした。
おばあちゃんは何もせず(できず)に側にいただけだそうです。

意識が戻る可能性は非常に低く、今も意識レベルはⅢ-300(痛み刺激にも全く反応しない状態)です。



考えれば考えるほど「なぜ!!?」と言いたくなります。

・両親は1歳7ヶ月の子供をなぜ祖母に預けたのか?
(自分の息子が手がかかるので、こんな動き回る子供を自分の親に預けるなんて想像がつきません)

・なぜお風呂に水を貯めていたのか
(我が家はできるだけ水は捨てるようにしました)

・なぜすぐに心肺蘇生をしなかったのか
(子供の場合、水を飲まずに呼吸だけが止まる場合があり、すぐにCPR(心肺蘇生)を行えば戻る可能性が高い)

・なぜ子供にも言い聞かせてなかったのか
(意外に子供は普段から何度も「だめ」と言い聞かせればわかるものです)


事故が起こってから言える事かもしれませんが、子供を見る対策が甘いと思います。

・まだ5歳にも満たない理解のできない子供を(年をとった)両親に預けるような事はしない
・危険な場所(10センチの水溜りがあれば溺れます)を作らない
・心肺蘇生を知っておく
・「わからないだろう」と決め付けずに子供にも危険な場所は教えておく
・小さな子供を10分も目を離さない


このおばあちゃんはトラウマでお風呂にも入れず、食事も食べれていないそうです。
家族は誰も責められず心のやり場を無くしています。

お見舞いに来て「○○ちゃん・・暗い方に行ったら駄目よ・・こっちよ・・・」と
一生懸命声をかけている姿を見ると涙が出そうになります。
きっと元気に踊ったりはしゃいだりしていたんだろうな・・・と。


他人事と思わず、今日からやれる事はたくさんあるはずです。

せめて心肺蘇生法だけでも知っていれば・・・何かをやっていれば・・・と悔やまれて仕方ありません。

人間の脳は3分で死んでいきます。
救急車が到着するまでの平均は約6分と言われています。


すぐにCPRをして助かった事例もたくさん見てきました。
何もせずに意識が戻らず、一生寝たきりになった事例もたくさん見てきました。


見よう見まねで行った心肺蘇生でも効果があるというデータもあります。
「分からないから」と言って何もしない事が一番危険です。


可愛い子供達に何かあった時、助けられるのは近くにいる人だけです。
(子供だけではありませんが・・・)

考えれば考えるほど悲しくなりますが、起こった事実は戻りません。
関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

No title

私も福祉関係の仕事をしていてるので障害者や障害児やご家族とかかわります。
障害を持った理由は事故という方も少なくありません。
keiさんの気持ち、立場は違うけどわかります。心が痛みます。
こんな場面に遭遇することはないとは限らないので、日ごろからCPR訓練は必要ですし、みんなに分かってもらいたいですよね。身の引き締まる思いでした。
こうして医療従事者が伝えてくれたら、説得力もあり勉強になります。
ありがとうございます。

PS
いつも文具や手帳のお話、お子さんの成長を拝読しています。

2011-08-14 23:14 | from ECO

No title

ECOさん はじめまして

コメントありがとうございます。
それからいつも遊びに来て頂いているようでありがとうございます。

医療の現場にいると「なぜもっと早く・・・」と思うことが多々あります。
私が救急を希望したのは、「自分の身のまわりでこういう事が起こった時に後悔したくない」という思いからでした。
知識や体験は何かが起こった時に武器になります。

個人的にはCPRは義務教育に取り入れて頂きたいくらいです。

今日もまた14歳の子が入院してきました・・・
夏休みになると子供の事故が増えるので心が痛い毎日です・・・

変な話ですが、魔法が使えたら・・・と本気で思う事があります。

2011-08-15 06:16 | from Kei

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/390-b35954f8

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。