となりのクレーマー - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

となりのクレーマー

R0011037.jpg

以前から気になっていた本を買いました。

関根真一さんという方の本ですが、王手デパート(西武百貨店)で勤務され、1300件以上の苦情を処理してきた方だそうです。

ある雑誌にクレーム処理の仕方が掲載されていて、この本を知りました。



しかし、こういう販売の世界には色んなクレームがあるものですね・・・
私の場合は、モンペア(モンスターペアレンツ)と言われる方々にあたるのでしょうが、クレーム処理というのは本当に嫌なものです。


苦情処理のポイントは、相手の「人間」を知ること。


冒頭に書かれていますが、やっぱりどこかで他人に「認めてもらいたい」という人間の基本的欲求がそうさせるのでしょうね。


たくさんの具体的なクレームが紹介されており、それをどう解決していったかが書かれています。

「まともな苦情」とそうでないものの見分け方も書かれており、非常に役に立ちそうです。
ノンフィクションなのでリアルに面白いです☆

読んでいて、筆者の上品さが文章から伝わってきます。

さすが百貨店出身!(←そう言えば、最近「百貨店」という言葉を使わないような・・・一般的には「死語」になりつつあるのでしょうか?)


↓アマゾンのレビューもなかなかのものです☆
となりのクレーマー―「苦情を言う人」との交渉術 (中公新書ラクレ)




↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆



関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

ちょっと古い本ですね

今、こういう本を手に取るということは・・・。(^^;
何か、悩んでおられるのですか?
(^^;

2011-06-21 16:54 | from おなら出ちゃっ太

No title

おなら出ちゃっ太さん こんにちは

特に悩んでいるわけではないのですが・・・(汗)
クレームに備えておけばいつか役立つのではないかと・・・
単純な理由です(笑)

2011-06-22 01:43 | from Kei

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/368-9483b9d3

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。