PW-AM700(電子辞書)のレビュー - 手帳と私の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PW-AM700(電子辞書)のレビュー

電子辞書 Papyfrus PW-AM700を買ってそろそろ9ヶ月。

PW-AM700の使い方にもようやく慣れてきましたが、同時に欠点も浮き彫りになってきました。

この辞書は 幅12.8cm 奥行8.35cm 高さ1.78cmという小型の電子辞書で胸ポケットにもおさまります。
私の愛用するフランクリン(コンパクトサイズ)と比較してもこの通り。

PW-AM700

PW-AM700



PW-AM700は持ち運びにはかなり便利です

電池も単4電池2本といつでも手に入る電池で助かっています。

ただ、使っていくうちに不便だと思うのがボタンの素材です。
電子辞書 Papyfrus PW-AM700のボタンはゴム製で少しフニャっとした押し応えです。

時々きちんと押せていない事があり、なぜプラスティック製にしなかったのか・・・と残念でなりません。

PW-AM700


そしてもう一つはボタンの配置。
単語を入力中に“一文字だけ戻りたい時”直感的に分かりません。

慣れれば何とか大丈夫なのですが、写真の通り、右側に『クリア』『後退』下のほうに『戻る』というボタンがあります。

PW-AM700


一文字消すときはこの小さなボタン『後退』を押します。
間違って『クリア』を押すと入力中の単語が全て消えます。

『戻る』を押してしまうと前の画面に戻ってしまいますのでもちろん入力中の単語は消えてしまいます。


普段パソコン入力の際は右斜め上に『Back Space』ボタンがあり、一文字消すときはこのボタンを押します。

PW-AM700



この電子辞書の場合、右斜め上はメニューになります。

パソコン入力に慣れている人ほどこの部分の『後退ボタン』は嫌なものだと思うのです。


PW-AM700は電池の持ちも良く、コンパクトサイズで全体的には気に入って使っていますがこの「あと一歩」が残念でなりません。


妻も最近電子辞書を欲しいと言っていましたが、SHARPのPW-AC10-WPW-AM700を勧めてみました。

実物は触った事がありませんが、これくらいコンパクトなら携帯電話並みに持ち運べます。
妻はたいてい家にいるので、多少大きな電子辞書でも良いのかもしれませんが。。。
実は私が使ってみたいだけです(笑)


↓面白かったらポチっとお願い☆
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑クリック☆

関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

No title

わかります。オイラも今、SHARPのザウルス(リナザウ・SL-C760)を使っていますが、微妙なキー配列の違いがスムーズな入力を妨げてくれます。
パソコンでいうESCキーはザウルスでのキャンセルキーなんですが。
どーしても数字の「1(かなの「ぬ」)」キーを押してしまうのですなあ。

2010-11-05 15:36 | from おなら出ちゃっ太

Re: No title

おなら出ちゃっ太さん こんばんは

わかります?(笑)
こういう配置はある程度統一して頂けると助かるのですが・・・
スペースの問題で難しいのでしょうね・・・

パソコンのキーボードに慣れれば慣れるほど障害になってしまう所が悲しいですね・・・

2010-11-05 22:01 | from Kei

No title

この電子辞書、電子音なるんですけど、仕様なんですかね・・・?
筆者さんはきこえますか?

2011-01-02 18:03 | from うううー

No title

うううーさん

コメントがおそくなり申し訳ありません。
私のものは電子音が聞こえませんので恐らく設定で消す事が出来ると思います。

すみません・・・こんな答えで・・・(汗)

2011-01-04 18:00 | from Kei

トラックバック

http://tlife2.blog67.fc2.com/tb.php/233-7c9d5841

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。